So-net無料ブログ作成
検索選択

食事配分を考えて痩せましょう! [ダイエット豆知識]

 ~食事編~

ダイエットというと、つい食事回数を減らしてしまいがちですが、
食事を抜くダイエットは体重を減らすことはできても、
実は減って欲しくない筋肉や骨の量を減らしかねないんです。

そうなってしまっては、なんのためのダイエットか、
わからなくなってしまいますよね。  ( ̄へ ̄|||)

やはり基本は1日3食、規則正しく食事することです。

そして、3食の食事時間を5~6時間あけるようにすれば、
ドカ食いや間食を防げ、体脂肪を効果的に燃焼することが
できるんです。

1日の食事のなかでも、特にしっかり摂りたいのが、
その日の活力となる朝食です。
少しでも長く寝ていたいから朝食はパス、
なんてもってのほかです。朝食を摂らないと体温が上がらず、
脳に栄養素が行き渡らないため、
体も頭も働きが鈍くなってしまいます。

また、食事を抜くと胃や腸の消化や吸収力が高まり、
次の食事でよりたくさんのエネルギーを取り込もうとするので、
かえって太りやすくなる結果になってしまいます。
( ̄▽ ̄;)アハハ…

朝食はたとえ食事量が多めでも、
1日の活動の中でエネルギーを消費していくことができるので、
体脂肪は蓄えられにくいもの。
できればご飯と具だくさんのみそ汁に
おかず数品といった和食メニューにすれば、
栄養バランスもバッチリですね。

そして、もうひとつ覚えておきたいのが、昼食と夕食の配分です。
何かと慌ただしい朝よりも、夕食に時間をかけてたっぷり食べたい、
そんな人も多いと思いますが、よくよく考えてみると、
私たちの活動量が多いのは夜よりも日中ですよね。

夕方以降は体を休める時間帯ですから、
夕食をたっぷり食べていたら、
エネルギーの摂取が過剰になり、
体脂肪を増やしてしまうだけなんです。

つまり、1日の食事配分は活動量にあわせて朝は多めに、
そして、昼、夜とだんだんと軽めにするのが基本なんですね。

目安としては「朝食5:昼食3:夕食1」くらいの配分が
理想的でしょうか。


>>1日3食しっかりと。食事の間隔は5~6時間あけるのが、   ドカ食いや間食を防ぐポイントです<<



簡単ダイエット法】 ↓
ミオドレ式ワニグローブ・ダイエット/小野晴康
 大小のイボイボが脂肪とりの秘密です。
酸化マグネシウム粒の力ですっきり!
 ポッコリおなかが腸スッキリ!
下腹スリムスイング
1日1分、下半身の簡単エクササイズ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。